Twitterを使ったパパ活は危険だと聞いたのですがどういった点が危ないのでしょうか?

Twitterを使ったパパ活は危険だと聞いたのですがどういった点が危ないのでしょうか?

ツイッターでのパパ活は危険?

今や多くの人が使っているツイッター、気軽に利用できるSNSツールとして大人気です。

パパ活女子の間でもツイッターを利用してパパ活募集をかけている方も沢山います。

しかしツイッターを利用したパパ活は実はリスクが高く危険が一杯なんですよ。

この記事ではツイッターを利用したパパ活がいかに危険なのかを解説していきます。

ツイッターでのパパ活が危険な理由

ツイッターでは相手の素性が見えづらいためトラブルに巻き込まれる危険性が非常に高いといったデメリットがあります。

なぜツイッターでのパパ活が危険なのか詳しく見ていきましょう。

相手の顔が見えない

当たり前ですがツイッターでは相手の顔が見えないので、いきなり会ってデートをするのは危険です。

写真で顔を確認することはできますがそれが本人の写真とは限りません。

匿名性が高いのがツイッターの良い点でもありますが、いくらでも身分を偽ることができます。

金銭トラブルのリスクが高い

ツイッターを利用したパパ活のトラブルで多いのがお金を払ってもらえないなどの金銭トラブルです。

相手がもともと払うつもりがなく騙されてしまったケースも多いので実際に会う際には注意が必要。

メッセージのやり取りのみで相手を信じすぎるのは危険です。

パパ活女子をターゲットにした業者に注意

ツイッター上ではパパ活女子をターゲットにした業者が存在します。

  • 援デリ業者
  • アドレス回収業者
  • ねずみ講などのマルチ勧誘業者

など様々な業者が入り乱れているので自分で身元を判断するのは難しく気が付いたらトラブルに巻き込まれていたなんていうこともあります。

安全にパパ活をするならアプリがおすすめ

安全にパパ活をするならパパ活アプリの利用がおすすめ。

ツイッターとの大きな違いは本人確認などのセキュリティ対策が整っていることです。

匿名性の高いツイッターと違い会員登録には本人確認が必要になるので断然安全ですよ。

アプリも手持ちのスマホやPCがあれば気軽に利用できるので殆どツイッターと変わらないパパ活ができます。

初心者の方でも気軽にパパ活がスタートできますよ。

自分に合ったパパ活アプリを探してみてください。

タイトルとURLをコピーしました